セミオーダー~elegant~

¥ 33,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

《 背中で“魅せる”大人の帯 》
男性用・女性用細帯としても使え、広げて使えば名古屋帯にも。
気軽な半巾帯で旅行に出かけ、旅先のお洒落なレストランではお太鼓結びに結び変えて、など、一本で幅広い使いかたができます。

~お仕立て方法~
商品画像から
①デニム の中から一つお選びください。
②真田ひも の中から一つお選びください。
③畳縁1 の中から一つ、または④畳縁2から一つお選びください。
④畳縁2  の中から一つ、または③畳縁1から一つお選びください。
(市松柄・鮫柄・カラーたたみべりは同巾ですので、全部で8種類の中から自由にお選びいただけます。同柄同色の組み合わせもOKです)

備考記載例: ①b.燻  ②a.金 ③a.市松 ④b.鮫

※真田紐「c.紐なし」を選ばれた場合でも価格は変わりません。帯発送時に、帯の長さ分の真田紐を同封します。和だけでなく洋のオシャレアイテムとしてお使いください。


※姉妹品との違い
・「ひらき児島帯~cool~」・・・真田ひも
・「ひらき児島帯~vivid~」・・・デニム生地,真田ひも
長さ、仕様は同じです。

【お仕立て上がりサイズ】
《男女兼用帯(Unisex)》
仕様 :幅 約11~27㎝ 長さ 約400㎝
重さ :約360g
素材 :デニム:綿・シルク,  真田ひも:綿・メタル(金銀部分),
たたみべり:ポリエステル 


【商品について】
・この帯は、デニム・たたみべり・真田ひも から出来ている帯です。
・ご家庭で手洗い、中温程度のアイロン可、取扱いが簡単な素材に改良しております。
・素材はすべて倉敷市児島製、縫製もMade in KOJIMA です。
・1点1点手作業で仕上げておりますので、多少の寸法誤差はご容赦ください。
・モニターの状況等により、商品の画像は実際の色とは見え方が異なる場合があります、ご了承ください。

【商品の形状】
・ひらき児島帯は、中央に真田紐をあしらったデニム地、その両サイドに色柄の違うたたみべりを縫い付けています。
・たたみべりのどちらの面を上に重ねるか、で色柄の出し方を変えることが出来、3WAYで楽しめます。

【商品の特徴】
・デニム地は「国産ジーンズ発祥の地児島」製、綾立ちの良さ、手触りの良さ、丈夫さが特徴です。
・通常デニムはほとんどが綿100%ですが、この製品はシルク混の生地を使用しています。
・ご家庭での洗濯ができますので、水にも強く雨に濡れても心配ございません。
・光沢があり、柔らかく、高級感あふれる質感です。

・真田ひもは約400年前に倉敷市児島に伝わりました。
・一般的な真田紐は約10ミリ幅もしくはそれ以上の幅で織られていますが、この真田紐は究極の3ミリ幅。その中にメタルの金銀糸をふっくらと織り込み、想像を超える輝きを生み出しました。

・たたみべりは、倉敷市児島が全国生産約8割のシェア。約150年続く伝統産業です。
・海外でも人気の日本の伝統柄、市松柄・鮫柄と、発色のよいカラーとを組み合わせることで、お好みに合わせた色合いの帯をつくっていただけます。
・カラーたたみべりは、50~60㎝間隔のグラデーションになっております。


【注意事項】
・この製品は手洗いが可能です。
・洗濯機・乾燥機は使用しないでください。長さのある製品ですので回転で変形する恐れがあります。
・洗濯の際には漂白剤の使用はお避け下さい。
・長時間濡れたままにしておくと、色落ちする恐れがあります。洗濯後は形を整えすぐに陰干しして下さい。
・濃色品は白地の物と一緒に洗わず、単品での洗濯をお勧めします。
・新しいうちは、汗等で多少色移りする可能性がありますので、ご注意ください。
・アイロンは当て布をして低~中程度の温度でお願いします。
※真田ひもの金・銀部分にアイロンを当てますと、変色または織りのふくらみが変化する可能性があります、ご注意ください。

【発送について】
・ご注文後、入金確認ののち制作工程に入らせていただきます。一点ずつの手作りのため、発送までに約3週間を頂戴しております、ご了承ください。
・包装は透明ビニール袋を使い、両面の柄が見えるデザインで包装しています。
・日本郵便の「レターパックプラス」でお届けいたします。
・送料無料は国内のみとさせていただきます。海外発送はご注文者様負担とさせていただきます。

・在庫状況の変動は出来る限り反映するようにしておりますが、システムの関係上、反映に時間がかかる場合がございます。
・商品ページ画像の無断転載・加工等は禁止しております。

【考案者からご挨拶】
この度は、『児島帯』のサイトをご覧いただき、ありがとうございます。
『児島帯』は、現代の素材を使い、現代感覚のデザインで2017年に生まれました。

帯はもともと細い紐状でした。江戸時代中期に戦いが無くなり人々の生活が安定したことで、文化が開花します。帯は昔に比べて長さが長くなり、幅が広がり、そこに模様を織り込んで美しい工芸品になりました。人々は、帯の色柄と結んだ形の美しさを楽しむようになりました。
日本では、長寿や幸福を願いながら、大切な人に「長いもの」を贈る習慣が、現在も継承されています。

「児島帯シリーズ」は、今まで帯に使われなかった素材で作ったことが特徴です。そして、もともと帯とは違う目的で製造された、複数の織物を組み合わせています。
たたみべりは日本の伝統的な敷物の縁を飾る布です。真田紐は日本で最も幅が狭い古い織物です。そしてデニムは世界中で愛されています。家庭での洗濯やアイロンも可能で、取り扱いが簡単な素材ばかりです。これらは倉敷を代表する繊維です。
その中でも、「ひらき児島帯」は3種類の帯の幅に自由に変化させられる独自のスタイルで、実用新案を取得しています。和服だけでなく洋服にも合わせられるスタイリッシュなデザインは、気軽に日本の文化に触れることができるとともに、オリジナルのファッションを楽しむかたにお勧めです。
(実用新案第3224432号)

通報する